品質向上活動

「お客様と社会の安全・安心の確保のために最善を尽くす」ことを経営理念としているALSOKでは、警備業務における必要な技術の習得ならびに品質の向上のため、 毎年、綜合警備本社において『綜合警備連盟品質向上競技会』の全国大会が開催されています。
 今後も、多様化する「安全・安心」へのニーズに応えるため、グループ全体で高い理想を追求してまいります。

ドライバーズコンテスト2014(現送部門) 3位入賞 

2014年11月7日、第5回綜合警備連盟 品質向上競技会がALSOK東京研修所において開催され、 全国9地域本部で実施された予選を勝ち抜いたALSOK各支社及びグループ会社の社員242名が参加しました。
当社では、安全運転の技量と入庫から出庫までのタイムについて競う、ドライバーコンテスト(現送部門)において、 第3位に入賞を果たしました。

ドライバーズコンテスト2012(現送部門) 優勝 

2012年11月9日、第3回綜合警備連盟 品質向上競技会がALSOK東京研修所において開催され、 全国10地域本部で実施された予選を勝ち抜いたALSOK各支社及びグループ会社の社員244名が参加しました。
当社では、安全運転の技量と入庫から出庫までのタイムについて競う、ドライバーコンテスト(現送部門)において、 昨年に引き続き見事優勝し2連覇を達成しました。

ドライバーズコンテスト2011(現送部門) 優勝 

2011年11月11日、第2回綜合警備連盟 品質向上競技会がALSOK東京研修所において開催され、 全国10地域本部で実施された予選を勝ち抜いたALSOK各支社及びグループ会社の社員221名が参加しました。
当社では、安全運転の技量と入庫から出庫までのタイムについて競う、ドライバーコンテスト(現送部門)において、 優勝の成績を収めました。